SHOPSNS|口コミ情報

インターネット上の口コミショップ情報やサービス情報をまとめたサイトです。

診療報酬のファクタリング

病院に行ってふと思ったのですが、通常は保険で2割、3割(高齢者なら条件付きで1割とか)を支払ってあとは国保や社会保険の団体から入金を待つ状態ですよね。

これって、例えば商店なら売値の2割とかで買い物をされて数か月後に残りが振り込まれるような状況で、個人の医院なと規模が大きくない場合は結構タイムラグが厳しいと思ったのです。

医療関係の場合、備品や消耗品もある程度高いと思いますし、コストダウンに格安バリュー品を選ぼうという考えにはならないと思います。

そうなると、現金が必要なときに保険料の支払いを待てつに借金するような事態もあるのでは?と考えたのです。

というのも、うちの会社では今個人経営の事業主や商店と取引をする部門があり、結構1ヶ月程度の短い資金難を目にするのです。

そこで、個人のクリニックなどで、この残り7割から9割の入金待ちというのはどうなんだろうかと考えました。

ネットでちょっと検索したらすぐにファクタリングという方法を使っているクリニックがあることを知りましたが、これは診療報酬として支払われるはずの金額をファクタリング会社に買い取ってもらって、売り上げとして計上する方法です。

数か月後には支払われるお金ですから、借金としてではなく、報酬額分を現金で買い取ってもらうという仕組みだという事がわかりました。

Comments are closed.